ポーカー

May 21, 2023

CPU相手のバトルロイヤル。『Royal Class Poker』


2023/5/5に公開されてたポーカーゲーム。
その名も『Royal Class Poker』
名前と値段だけは大層なゲームでして、
正直食指が動かなかったのですが、「ポーカーゲームのファン」と名乗る以上、
ロイヤルクラスポーカーから逃げるな……という訳で遊んでみました。


20230507163335_1

結果から言えば、恐ろしくシンプルなテキサス・ホールデムのゲームです。
これ以上シンプルなポーカーゲームはSteamに無いというくらい。

20230521223839_1

対戦相手のCPUの数やブラインド上昇量を細かく調整できるのは利点。
6人テーブルの3分ブラインド上昇にすると、
筆者が毎日参戦している『ポーカーチェイス』に近いプレイ感覚になります。
(何故かLv1だけはここのブラインド設定時間が反映されず10分固定だが)

……とは言え、CPUははっきり言ってそんなに強くないです。
CPUはミニマムベットとレイズを多用する傾向がありまして、
対抗戦略として狭いレンジのハンドでタイトに堅実にプレイすれば、
このゲームのCPUにはだいたい勝てるはずです。
突然CPUがオールインマンになることがありますが、
AAかKKでも抱えてない限り付き合わないが吉。

20230507164544_1

結論を言うと、1人で弱いCPU相手にポーカーの練習をする用途には使えます。
ただ、Steamには同程度のCPUを実装していてより安いポーカーゲームもあるので、
1,200円という値段を考えるとちょっとお勧めし辛いところです。

jzunkodj4y at 23:15|PermalinkComments(0)clip!

September 05, 2022

Steamで遊べるポーカーゲームガイド 2022年初秋版


Steam上の麻雀ゲームの紹介ができたんだから、
ポーカーゲームでも……という安易な二番煎じの記事です。
ただ、日本式麻雀ゲームと違って、
Steamには膨大な数のポーカーゲームが存在しまして、
そのすべてを紹介することは筆者にはできません。
従いまして、筆者が遊んだ範囲内での
紹介になることをご了承ください。

【5カードドロー・ビデオポーカー】

要は「ドラクエのポーカー」です。
よくポーカー界隈の会話で
「ドラクエのポーカーは世界的には時代遅れ」
という適当に聞きかじった人の暴言が見受けられますが、
カジノに置かれるようなビデオポーカーにおいては、
5カードドローのポーカーゲームはむしろ今でもスタンダードなのです。


●Royal Casino: Video Poker

「ごく普通のカジノ仕様のビデオポーカー」ゲームが本作です。
但し、ドラクエのポーカーと違って、基本ルールは「ジャックス オア ベター」という、
「最低の役がジャック以上のワンペア」「ジョーカーなし」「ダブルアップなし」
のカジノのビデオポーカーとしては一般的なルールを採用しています。

本作はビデオポーカーとして最もシンプルで遊びやすく、
暇つぶしにはちょうどいい感じのビデオポーカーです。



●TinyPoker

こちらは日本発のビデオポーカーゲーム。
但し、本作にはナビゲーターとなる女の子がいます。
アキバギルド系列の制服を意識していると思われるコスチュームがかわいい。

そして本作の目的はチップを増やすことではなく、
「ワンペアを5回揃える」「ストレートを揃える」など、
「女の子の出すミッションをクリアしていく」事。
ミッションをクリアするたびに女の子との会話を楽しむことができます。

ただ、本作にはコンティニューという軟派な要素はなく、
ミッション達成失敗したら最初から……という、
完全攻略には人並外れた豪運を要求する仕様です。
自らの運に自信のある方、
また軽いノリで女の子の絵を眺めながら
適当にビデオポーカーを回したい人におススメ。


【1人用テキサスホールデム】

コンピューター相手に1人でテキサス・ホールデムを遊ぶゲーム。


●Poker Pretty Girls Battle

●Poker Pretty Girls Battle : Fantasy World Edition

Zooの誇る美少女相手のカジュアルゲーム、Pretty Girls Battleシリーズ。
そのシリーズに、テキサスホールデム・ポーカーも含まれています。

4人テーブルでの対戦、初期チップ100でブラインドは1/2固定……といった感じで
初心者でも遊びやすいようにルールが単純化されており、
またCPUの思考ルーチンも「本当の初心者に近いレベル」なので、
テキサスホールデム初心者がこのゲームの基礎を理解するのに
ちょうどいいレベルといえます。

(なお無印の初期版はバグが酷くとても遊べたものではなかったが、
Fantasy World Editionの登場に伴い更新され目立ったバグはなくなった)

無印とFantasy World Editionの違いは
「対戦相手に男キャラが混じるかどうか(無印は混じる)」、
「女の子の方向性が水着美女かファンタジー系か」といったところ。
テキサスホールデム・ポーカーを覚えたい人が、
「フィル・ゴードンのポーカー攻略法 入門編」や、
「トーナメントポーカー入門」といった基本的な書籍と一緒に
戦術を学ぶにはうってつけのゲームかもしれません。


【オンライン対戦ポーカー】

オンライン対戦要素を含むもの。


●Prominence Poker


自分でアバターを作り、オンライン対戦に挑む基本プレイ無料のポーカーゲーム。
このゲームの特色としては、「アングラ感の強さ」。
ポーカーテーブルの置いてある場所が食肉処理場だったり、
コンピューターのコスチュームがやたらマフィアじみていたり(笑)

また、一応1人用の対CPUモードも充実してます。
前述のようにやたらガラの悪い人だらけ(笑)

オンラインポーカーとしてあまり人がいないのですが、
テキサスホールデムに少し自信がついたら挑んでみるのもありかな、と。



●Monopoly Poker

アナログゲーム「モノポリー」の名を冠した、
こちらも基本プレイ無料のポーカーゲーム。

……とは言っても、モノポリーの要素はほぼ名前だけで、
一定時間ごとに回せるサイコロで各土地の権利書を入手することで、
ログインボーナスが増えていく……くらいの要素しかありません。

とはいえモノポリーのブランド力は大きく、
基本プレイ無料のポーカーゲームの中ではかなりユーザーが多い方です。

メインモードでは世界各地の都市名を冠したテーブルがあり、
そこに5人集まるとゲーム開始。
何回か優勝することで、様々な装飾を施した指輪をゲットできまして、
この指輪を集めるのもゲームの目的の一つ。

「モノポリー」のブランドのおかげでカジュアルプレイヤーがかなり多いので、
そういったプレイヤーに勝てるようになりたい!という方は、
本作で腕を磨いてみるのもよいと思います。



●Poker Club

今まで基本プレイ無料のポーカーゲームを紹介しましたが、
こちらは買い切りのゲームにオンライン対戦がついている、というもの。

このゲームは「リアルなポーカー体験」をウリにしており、
個人アバターの細かいカスタマイズやポーカーテーブルの臨場感が
「レイトレーシングにも対応している」という美麗なグラフィックで描かれます。

また、有料ゲームと言うことで細かい統計機能も充実。
各プレイヤーのVPIPやAF(この辺の値の詳細はググれ)が
簡単に参照できるようになっているのは
細かい戦術を考えるうえで非常に参考になります。

ただしこのゲーム、あまりにリアル志向にこだわるあまり、
各プレイヤーのアクションやカードのオープンなどのテンポもリアルで、
ゲーム全体のテンポが他のゲームに比べると非常に遅いのです。
グラフィック面では他のポーカーゲームの追随を許さないのですが、
このテンポの遅さが「ゲーム」としての利点を完全に殺しています。

という訳で、本作を遊ぶのはあまりお勧めしません。
「ポーカープレイヤーシミュレーター」としては一級品なんですけどね。


【ストリップポーカー(R-18、閲覧注意)】

待たせたな!
皆様大好き脱衣ポーカーの項目です。

●Sex Poker

いきなりド直球なタイトルになることを許してほしい。

このゲーム自体はシンプルなビデオポーカーですが、
ディーラーの女の子をカスタマイズすることができます。
身長や髪型や服装・下着をいろいろと弄れて、
おっぱいスライダーや尻スライダーも実装。
そうしてカスタマイズしたディーラーの女の子を、
勝って得たチップで夜のお誘いをする……というゲームになります。

ポーカーをやっているのがブラックジャックテーブルだとか、
細かい突っ込みどころはありますが、
個人的にはキャラカスタマイズ物のエロゲーとしては、
そこまで悪くないのでは……と思っております。


●Strip 'Em

●Strip 'Em II

こちらもド直球な夜のポーカースタジアム。
洋ゲー色全開のウーマンとテキサスホールデムで勝負し、
勝つと以下略な画像を拝むことができます。

なお3Dゲームに見えますが、本作は3Dアニメーション作品ではなく、
キャプチャされた3D画像による紙芝居となります。
なので低スペックPCでも安心……なのかも。

とにかく作品全体から嫌というほど洋ポルノの雰囲気が感じられるので、
興味のある方は試してみては?
なお、IもIIも出てくるウーマンが違うだけで、
ゲーム的に大きな違いはありません。

なお各種エフェクトや脱衣シーンをキャンセルするオプションをONにすると、
超高速でCPU相手のテキサスホールデムが楽しめるゲームとなります。
これだけは特記事項として挙げておきたい(需要はともあれ)


こんな感じで、Steamのポーカーゲームのごく一部を紹介してみました。
(本当に「ごく一部」です)
この記事があなたのポーカーライフの一助となれば幸いでございます。

また、「このSteamのポーカーゲームが気になるけれども……」
というのがありましたら、
コメント欄で紹介して頂けると手を出してみるかもしれません(予定は未定)

jzunkodj4y at 00:03|PermalinkComments(0)clip!

June 30, 2022

ポーカーチェイス・Stage5脱出のための心得3箇条

stage6

ポーカーチェイス、ようやく最上卓であるStage6に挑戦できる、
ランクポイント2300越えを筆者は果たしました。

という訳で、筆者がここまでたどり着くまでに気にしたポイントなどを、
Stage5で戦っている皆様にお伝えできればなと思います。

なお、バブルファクターだのICMだのポラライズだの
GTOだのエクスプロイトだの難しいポーカー用語は一切使わないので、
ポーカーチェイスからポーカーを始めた方でも安心して読んでください。


皆さまは1戦ごとに得られるランクポイントを気にしていますでしょうか?
1戦ごとに得られるランクポイントには法則があって、
自分と対戦相手5人の平均値から得られるランクポイントを求めることができます。

便利な事にネット上にはランクポイント計算機を作られた方がおりまして、
このサイトで順位ごとに得られるランクポイントを確認できるのです。

入手できるランクポイントが求められる、という事は期待値を計算できる……
という事でもありまして、
例えばランクポイント2000のプレイヤーが、
Stage5参加権を持つランクポイント1700〜2299のランダムな5人に囲まれたとき、
1位から6位までを均等に取ったとすると
1回あたりのランクポイント期待値はいくらになるか?
……という問題を考えることができます。
流石にこれは手では解けないので、
上記のシミュレーションを行うコードを書いて、
コンピューターで10万回ほど実行してみると、
「およそ1.65」というシミュレーション結果が出てきます。
つまり、ランクポイント2000のプレイヤーは、
1位から6位までを均等に取っても
ランクポイントは将来的には微増する、という事になります。

では、ランクポイント2200のプレイヤーが、
1位から6位までを均等に取ると
1回あたりのランクポイント期待値はいくらになるか?

同様にコンピュータで10万回ほどシミュレーションして計算したところ、
得られた答えは「およそ-3.36」。
従って、2200のプレイヤーは1位から6位までを均等に取り続ける限り、
ランクポイントは下がっていくことになります。

このように、常に1位から6位までを均等に取り続ける、
平均順位の戦いだと、一定のランクポイントを境にして
(具体的には2064ポイント)、
ランクポイントは得られないようになっていくのです。

では、高ランクポイントになっても
ランクポイント期待値を高めるにはどうしたらいいか。
これは当たり前ですが、「3位以上の獲得率を高めればよい」です。
以降、当記事では「3位以上の獲得率」を「連対率」と呼称します。
(実績「連対の鬼」の条件(2位以上連続10回)とは異なることに注意!)

「n%で3位以上を取り、(100-n)%で4位以下を取る」ときに、
Stage5の1戦あたりで得られるランクポイント期待値がいくらになるか?を、
コンピュータシミュレーションで求めたグラフが以下の図です。

stage5_parcentage


この図を見る限り、連対率60%でランクポイント2300に近いところまで、
連対率65%でランクポイント2300を安定して超えられる……という事がわかると思います。
ちなみに連対率65%というのは数値にすると低いように見えますが、
言い換えると「3戦しておよそ2戦が3位以上」「勝率約2/3」と、
結構な勝率を求められる値です。


では、結局のところ連対率を上げるにはどうしたらいいのか?
1つは、「序盤で無理な勝負をしない」こと。
このゲームは言ってしまえば「長く生き残れば生き残るほど勝ち」で、
序盤からのオールイン勝負はかなりリスキーです。
序盤はよほどの手が入る、あるいは勝ちを確信していない限り、
ポットを大きくしない方が賢明です。
いわゆる「タイトアグレッシブ戦略」がこのゲームには向いているかと。


もう1つは、「相手のスタックサイズをよく見る」こと。
結論から言えば、
「自分より所持チップが少ない相手には強気に出て、
 自分より所持チップが多い相手にはケンカを売らない」

という事に尽きます。
特に自分よりチップ量が少ない相手を虐めることは重要で、
相手にオールインするかフォールドするしかない……という場面を
上手く作り出すことができれば大抵フォールドさせることができます。

ただ、相手のチップ量が著しく少ない時や
(だいたい20BB以下)、
毎回同じような戦略を取っていると、
突然オールインで反撃される可能性があるので重々ご注意を。

相手のスタック量を含めて考える……という事で、
1つここで例題を。

例題:
Stage5トーナメント終盤、あなたは約8BB持ちでボタンに座っている。
テーブル上にはSBに残り2.5BB、BBに残り20BBの2人のプレイヤーが残っており、
アンティ含めたポットサイズは約2.5BB。
得られるランクポイントは1位+35、2位+21、3位+7となっている。
ここであなたに配られた手札は♦A、♥7だ。
この時、あなたの取るべきアクションは何か。

解説は記事の末尾(続きを読む)に記すので、
ポーカーに心得のある方は少し考えてみてください。



何はともあれ、「連対率を気にする」
(ゲーム内では最近10戦までしか記録されないので自力でメモ推奨)、
「序盤で無理をしない」「相手のスタックサイズも考えてプレイする」
この辺りを意識すれば、Stage6はぐっと近づくのではないかと思います。

この記事を読んでくれた方とStage6でマッチする日を楽しみにしています。

最後に、連対率のシミュレーションに使ったソースコード一式を置いておきます。
(C#によるコードです)続きを読む

jzunkodj4y at 00:22|PermalinkComments(0)clip!

February 09, 2022

『エムホールデム』『ポーカーチェイス』スマホ二大ポーカーゲーム徹底比較

※2022/02/09:
この記事は、2021年9月に公開した記事に加筆・修正を加えたものです。


最近はスマートフォンや家庭用ゲーム機でも、
ポーカー(テキサスホールデム)のゲームが増えてきて、
徐々にポーカーが日本でも浸透しつつある気配を感じている筆者です。

とは言え、ポーカーゲームはまだまだメジャーとは言い難く、
「ポーカーゲームなんて全部同じじゃないですか!?」という
中川状態の人もいるんじゃないかな…と思っております。

そこで、国産のスマートフォン向け二大オンライン対戦ポーカーゲームである
『エムホールデム』『ポーカーチェイス』について、
筆者が独断と偏見でそれぞれの長所と短所を紹介してみます。


●エムホールデム(セガサミー、スマートフォン)

エムホールデムはセガサミーから2021年7月にリリースされた、
スマートフォン向けオンライン対戦ポーカーゲーム。

エムホールデム_2021-09-15-20-36-06

基本無料でプレイでき、日本全国のプレイヤーと競うゲームになります。

メインとなるランクマッチでは
ブロンズ・シルバー・ゴールド・プロフェッショナル・レジェンドと
ランク別に分かれた卓でリングゲーム
(ブラインドの上昇なし、参加・退席がいつでも自由)を行う事になります。
また、毎日結構な数の定時トーナメントや
Sit&Go(人数が集まり次第即開始のトーナメント)が開かれるのも特徴。

キャラクターはデフォルトキャラクターに『北斗の拳』の原哲夫氏や、
『けものフレンズ』の吉崎観音氏など、
セガサミーとゆかりのあるコンテンツを手掛けたイラストレーターを起用。
また追加コラボキャラクターとして『龍が如く』の桐生一馬や春日一番、
『ぷよぷよ』のアルルとシェゾ、『ペルソナ5』のジョーカーなど、
これまたセガのコンテンツのキャラクターが惜しまず投入されています。
(そのうちスーパーセガ大戦(ポーカー)になるんじゃなかろうか…)

ただこのゲーム、基本無料の代償として、
頻繁にゲーム内に広告が挿入されます。

手札をフォールドすると広告挿入、
トーナメントやSit&Goをプレイする前には
広告を見るのが実質的に必須
(広告を見ないこともできるが、スタックが半分になるため圧倒的不利)など、
実質的には広告を閲覧させるためのアプリなんじゃないか
と思ってしまう事があります。

アジア圏のスマートフォンゲームではよくある、
月額課金VIPプランも本作に用意されていて、
それに加入すると「手札をフォールドした場合」の広告はカットできますが、
トーナメント・Sit&Goの前の広告はカットできません。

また、基本無料でユーザー層がかなり広いせいか、
トーナメントは結構カオスなゲーム進行になります。
ランク分けされているランクマッチも、
プロフェッショナル帯ですら(通常であれば25〜35%くらいが適正の)
ゲーム参加率(VPIP)60%〜70%のプレイヤーをよく見かけるため、
他の環境のポーカーに慣れている人は戸惑いを感じるかもしれません。
最上位のレジェンドランクはそんなカオスな状況を潜りぬけて、
圧倒的なポイントを手にする必要があるため、
これを取ろうと思ったら結構な時間張り付く必要が出てきます。

何はともあれ、広いユーザー層もあって、
とっつきやすいオンラインポーカーゲームであることは確かだと思います。



●ポーカーチェイス(C-bet、ブラウザ・スマートフォン)


ポーカーチェイスは2021年8月の終わりに開始したポーカーゲームです。

プレイ画面1

本作は「バトロワ系ポーカー」を標榜しており、
基本的に6人卓のSit&Goが中心…という、
割り切ったポーカーゲームになっています。


映画『バトルロワイヤル』を知っている人は、
この公式動画からそのバトロワ系の割り切り具合を感じてほしい。

本作のランクポイントは他のポーカーゲームと違い、
点数をいくら稼いだかは関係なく、
1位〜6位の順位によってポイントが増減する、という仕組みになっています。
特に5位・6位を取ってしまうとランクポイントが大幅に減ってしまうため、
下手なプレイヤーが参加するとありがちな、
「ゲーム開始直後にオールイン合戦」になることを上手く抑制しています。

このランクポイントの仕組みに関しては、
『天鳳』や『雀魂』といった、
ラス回避が重要なオンライン麻雀に近い仕組みと言えるかもしれません。

02010918_2

本作は基本無料で遊べますが、
エムホールデムのようなゲーム内広告は一切なく、
その代わりに、キャラクターをランダムで入手できるガチャや、
水着スキンなどを課金通貨で手に入れることになります。
もちろん、キャラクターやスキンを購入しても、
ポーカー自体のプレイには一切影響しません。

charactor

対戦でたまに手に入ったり、ガチャを回すとたまに出る素材アイテムを
キャラクターにプレゼントすると好感度を上げられる、という要素もあり。
好感度を上げていくと使えるスタンプが増えていくほか、
最大まで好感度を上げると「進化」させて、
新たな衣装を着せることができる…というキャラクター性も本作の魅力。
っていうか、このシステムや好感度に必要なポイントに至るまで、
完全に『雀魂』パクってますよねこれ!?


ユーザー層に関しては2022年2月現在最高位のダイアモンドランクや、
最近新設されたリングゲームの上位卓になると、
かなり強いポーカープレイヤーが混じっている印象。
良い意味でストイックな、純粋な腕を問われるゲームといった印象です。



ここまでを踏まえて、改めて両ゲームの
良い点・悪い点を振り返ってみますと…

エムホールデム
[良い点]
・わかりやすいリングゲームによるランク制
・大規模なトーナメントが頻繁に開かれる
・セガサミーのIPを有効に使ったコラボレーション
[悪い点]
・広告がメチャクチャウザい(VIPプランに加入しても!)
・プレイヤー層のカオス感が強い
・最高ランクを目指すとかなりの時間を食われる

ポーカーチェイス
[良い点]
・基本無料かつ、ほぼ無制限にポーカーをプレイできる
・ランクマッチは下位だとポイント大幅減という、緊張感のあるルール
・スマホでもブラウザでもプレイできる
[悪い点]
・上位ランクに上がるほど1度のプレイ時間が長くなる
・キャラクターの好感度を上げるのが非常に面倒
・良くも悪くも『雀魂』をパクったような部分が目立つ


…とまあ、こんな印象となります。
どのゲームにも良さがあり、そして欠点があるので、
自分の好みに合ったゲームを遊んでみると良いかもしれません。



※国産のスマートフォン向けオンラインポーカーで、有名なものは他にもありますが、
当blogでは賭博要素があるポーカーアプリは一切取り上げるつもりはありません。
ご了承ください。



※2022/02/09:
2021年9月の公開当初は、この記事の比較対象として
アーケードゲーム『ポーカースタジアム』も取り上げていました。
しかしながら、残念なことに2022年2月をもって稼働終了ということで、
記事の比較対象としては外しています。
ただ、このゲームがどんなゲームであったかについては、
blog記事のアーカイブとして残しておく価値があると思いますので、
以下に記述を残しておきます。


●ポーカースタジアム(バンダイナムコ、アーケード)



2020年1月に稼働開始、2022年2月に稼働終了したアーケードゲームです。
「テキサスホールデム」のオンライン対戦に特化した
アーケードゲームとしては世界初のゲーム
だと思われます。

ポーカースタジアムの長所と言えば、
なんといってもアーケードゲームらしい専用筐体を用いた、
派手な演出とプレイ感。

配られたカードをタッチパネルを使ってめくり、
チップをタッチパネルで押し出す…という操作感は、
実際のポーカーを彷彿とさせるプレイ感です。


また、上記の公式動画のように、
「アニメーションするテーブルやトランプ」など、
ゲームでしかできないような演出も盛り込んでいたり。

ルールとしては6000チップを15000チップまで増やすことが目的の全国対戦、
毎日特定の時刻に開かれるトーナメント、
土日祝日に開かれるバトルロイヤル(Sit&Go)など、
様々なルールで遊ぶことができます。
アーケード用ICカードを使う事で戦績の記録も可能。

ただ、アーケードゲームの宿命として
続けてプレイするにはかなりのお金がかかります。
全国対戦は最低200円が必要で、
バトルロイヤルには1回最低300円、
そしてトーナメントは1回最低500円、
そうやって参加してもポーカーの常として、
1ハンド1分前後で敗退することも多々あります。

20210920_212224

筆者は割と熱心にこのゲームをプレイしてますが、
週末は丸1日かけて家庭用ゲーム機のゲームソフトが
1本分買えるほどの金額をつぎ込むことも珍しくないです。

ただ、いくらお金がかかると言っても、
ポーカーテーブルを併設したバーや、
各種アミューズメントカジノでポーカーをプレイするよりは安く済みます。
そしてそれなりのプレイ料金がかかることもあってか、
無茶苦茶なプレイ(オールイン連発とか)をするプレイヤーは少なく、
そういった意味ではプレイヤーの層は良い感じであります。

また、アーケードゲームとしては設置店舗がかなり少ないのも難点。
公式の店舗一覧を見てもわかる通り、
設置台数が1台もない県も多いです。
(ただ、ある所には意外と多く設置されていたり。
福岡の天神なんて半径50m内に3店舗、9台も設置されてたんですよ!)


この設置台数の少なさに関しては、
稼働直後にコロナ禍が襲来した影響も間違いなくあると思われ、
そういった意味では、このゲームは不運なゲームではあります。


ただ、このゲームには各プレイヤーの接続している地域が
ゲーム上で表示されるという仕様がありまして、
上記の広島の強豪プレイヤー・イッタ氏による記事で指摘されている通り、
「地域を背負って戦う」というコミュニティが
このゲームでは形成されているのです。

コロナ禍が明けて、もっとこのゲームの設置台数が増えさえすれば、
もっともっとこのゲームは面白くなる。
筆者はそう信じていました。いたんだよ…

ポーカースタジアム
[良い点]
・アーケードゲームらしい派手な演出
・実際のポーカーテーブルに座ったかのような操作感
・地域ごとの特色あるユーザーコミュニティ
[悪い点]
・設置台数が少ない
・プレイ料金が高い
・通常対戦のルールがちょっと特殊


jzunkodj4y at 23:22|PermalinkComments(2)clip!

August 23, 2021

君に賭けたデッドヒートのポーカーゲーム。『ポーカーチェイス』βテスト

ごめんなさい。ドラグナーは観たことがありません。
出てくるスパロボも遊んだことはありません。



それはともかく、『ポーカーチェイス』という、
新たな国産ポーカー(テキサス・ホールデム)ゲームが登場していました。
開発元はC-betという聞きなれない会社ですが
(ちなみにポーカー用語で”C-bet”というと、
"プリフロップに最後にレイズしたプレイヤーがフロップで引き続きベットする"行為を指す)

広告事業を主に行っているSkyfallという会社と同じ住所なので、
実質的な運営元はこの会社のようです。
(同社のゲーム事業のページにも同ゲームが紹介されている)

あらゆるポーカーゲームを制覇することを目標としている筆者として、
当然このゲームを見逃すわけもないわけでして、
本記事では、2021/8/23まで行われたβテストについて、
筆者の感想を書き残しておこうと思います。

プレイ画面1

本ゲームのメインとなるのは、オーソドックスなポーカー
(テキサスホールデム)。
但し、本作のジャンルにわざわざ「バトロワ系」と銘打ってある通り、
本作は「トーナメントポーカー」に特化したゲームになっているのです。

ここでポーカーを知らない人のためにご説明しますと、
ポーカーには主に「リングゲーム」と「トーナメント」という、
2種類の遊び方があります。

「リングゲーム」はチップを購入してテーブルに持ち込み、
好きなタイミングでテーブルに入ったりテーブルから出たりできる、
いわばフリー対戦といった感じの遊び方です。
ラスベガスなどのカジノのポーカーテーブルは、
大抵この遊び方を採用しています。

「トーナメント」は大人数で全員同じ量のチップを持って同時にゲームを開始し、
最後の1人になるまで戦う…というゲームです。
時間とともに最低限賭けなければならないチップ量が上がっていき、
必然的にプレイヤー同士が潰しあう必要性が出てくる遊び方になります。
ポーカーの大会(世界で一番有名なWorld Series of Pokerとか)はこちらのルール。

このトーナメントポーカーは「最後の1人になるまで生き残る」
「時間とともに生存条件が厳しくなる」と、
『PUBG』『荒野行動』『フォートナイト』『テトリス99』といった、
バトルロイヤル系のゲームの特徴を見事に備えているわけです。

home

そして、改めて「バトロワ系」と銘打たれたこの『ポーカーチェイス』。
メニュー画面に「ランク戦」「フレンド戦」「大会」という3つの項目がありまして、
βテストの時点では遊べるのは実質的にランク戦のみ。
この「ランク戦」では6人揃った時点でトーナメントが開始するようになっています。
先述した「リングゲーム」はこのゲームには搭載されておらず、
まさしくトーナメント特化の「バトロワ系」ゲームになっているわけです。
(なお、いわゆるSit&Goポーカートーナメントを「バトルロイヤル」と言い出したのは
このゲームではなく、『ポーカースタジアム』だからな!…とポカスタ勢としては強く申し上げたい)



なお、『ポーカーチェイス』公式動画として、
こんな映画『バトルロワイヤル』パロディの教則動画が上がっていたりします。
「プリフロップは基本的に強い手で3BBで入る」あたりのお約束を
しっかり伝えようとしているあたりは個人的に高感度高し。
(何が「強い手」なのか、を伝えていないのは片手落ちな印象ですが)

成績

本作では6人戦で4着以下になるとランクポイントが減少、
3着以上だとランクポイント増加し、
ランクポイントが一定になると上のランクへ昇格する…という、
『雀魂』や『天鳳』といった麻雀ゲームに近いランクシステムを採用しています。
特に5位以下で終了するとランクポイントの減少が大きいため、
低順位の回避が重要…というのもオンライン麻雀にかなり近い印象。

charactor

βテストではピンク髪の女の子しか選べませんが、
ミッション達成などで得た素材アイテムを、プレゼントして
キャラクターの好感度を上げていく…という要素もあります。
好感度を上げていくと使えるスタンプが増えていったり、
「進化」して特別な衣装を手に入れたりできるようです。
というかこのシステム、画面レイアウト構成含めまんま『雀魂』ですよね!?


とりあえずβテストを遊んだ時点での筆者の感想としては、
PCブラウザで気楽に遊べるポーカーゲームとしてはなかなか優秀だと思います。
筆者は「トーナメントポーカーはローグライクである」という信念の持ち主なので
(この信念については、以前書いたこのblog記事を参照してください)、
それを重いアプリなどを立ち上げることなく、ブラウザ一本で遊べるのは
それだけでとても楽しいものだと思っております。
チップ表示をBBの倍率換算表示にできるとか、
相手プレイヤーの参加率を確認できるとか、
トーナメントポーカーをやり込むにあたり実用的な要素が
揃っているのも嬉しいところ。
(トーナメントポーカーではチップの単純な量ではなく、
それを現在のビッグブラインドで割った値が戦略上非常に重要)


ただ、βテストという事もあってか動作的に不安定なのが難。
特に長時間遊んでいるとWebGLのメモリエラーが出るので、
おそらくどこかでメモリリークしてるんじゃないかな、と…
(これが出るとブラウザの再起動・ゲームの再接続を余儀なくされる)

その他、チェック/フォールドの設定項目と
フォールドボタンが真反対の位置にあるのはPC上の操作では厳しかったり、
ランクをルーキー☆1〜☆3、ブロンズ☆1〜☆3…のように細かく分けて、
ルーキーの間はランクポイント下降なしにした方が、
初心者もランクアップの実感を感じられるんじゃないか…とか
(『雀魂』パクるならそういう配慮もパクっていいんじゃないですかね?)


近年ではアーケードの『ポーカースタジアム』、
スマートフォンの『エムホールデム』と、
国産のポーカーゲームが存在感を増しておりまして、
この『ポーカーチェイス』がどこまでそれらの先行作品に追いつけるか、
そして追い越せるのかどうかは果たして未知数ですが、
本作には「PCブラウザに対応」という他の2つにない利点があり、
そして宣伝にVtuberを大々的に起用するなど
(天開司も起用してるあたり、やっぱりここも『雀魂』を意識してますよね?)
既存作品とは異なる層を狙っている印象です。


何はともあれ、リングゲームよりトーナメントポーカーが好みな筆者としては、
『ポーカーチェイス』本稼働に期待しております。


本稼働が始まったら、俺、
ドクター・マリンかシスター・レインを引くまで
ガチャを回そうと思うんだ…(死亡フラグ)

jzunkodj4y at 00:04|PermalinkComments(0)clip!

August 09, 2021

ポーカースタジアム公式大会優勝記念:「ポーカー=ローグライク」であると強く主張したい


2021/8/7にアーケードゲーム『ポーカースタジアム』で開催された、
公式大会"PLATINUM CUP"。
幸いその大会の参加権を得ることが出来まして、
そして、時の運にも恵まれ優勝することが出来ました。

PokerStadium_jzunko

公式サイトのランキングの右端、
「沼」達成者一覧「プレイヤー名鑑」にも載せて頂きまして、
大変にありがたいことでございます。

せっかくだからこの機会に、
前々から思っていた持論を当blogで披露してみようかと思います。


「ポーカーとは、ローグライクである」

筆者は以前より、ポーカー
(特に一定のチップを持って開始し、最後の1人になるまで戦う
「トーナメントポーカー」)は「ローグライク」だ、と思っております。

「ローグライク」に関しては当blogを頻繁にご覧になる方なら
ご存じかと思いますが、
1980年に最初のバージョンが公開され、
以降UNIXを中心に広まったコンピューターRPG、
『ローグ』の要素を取り込んだゲームジャンルを指します。

このジャンルのゲームとして日本でもよく知られているものとしては
『トルネコの大冒険』『風来のシレン』『elona』などがあり、
近年では『Slay the Spire』『Hades』といった、
カードゲームやアクションゲームに多数のランダム要素が組み合わさった
ゲームにも使われるジャンル名でもあります。
(後者の作品群は直接的な『ローグ』からの要素は少ないことから、
「ローグライト」という表記がなされることもある)



「ローグライク」自体には厳密な定義はありませんが、
2008年のローグライク開発者国際会議で挙げられた
ローグライクの特徴を示す「ベルリン解釈」というものがありまして、
日本語版Wikipediaの記事では以下のように要約されています。
価値の高い要素(high value factor)
・ランダムな環境生成 ― マップ構造やアイテム配置がランダムで、リプレイ性が高い。
・ 恒久的な死 ― 一度死んでしまえば最初からやり直しになる。ランダムな環境生成と合わさることでゲームが面白くなる。
・ターン制 ― 一つのコマンドが一つの動作に対応する。じっくりと考えながらプレイできる。
・グリッドベース ― ゲーム世界がタイル(マス目)で構成されている。
・ノンモーダル ― 移動も戦闘も一つの画面で完結しており、画面変遷を伴わない。AngbandやCrawlの「店」等、しばしば無視される。
・複雑さ ― 豊富なアイテムやモンスターが用意されており、ゲームの解法が一つではない
・リソース管理 ― 限られたリソース(食料やポーション)を管理し、その用途を考える。
・ハックアンドスラッシュ ― 多くのモンスターを次々に倒していく。
・探索と発見 ― マップを慎重に調査し、未知のアイテムの使用法を発見する。

価値の低い要素(low value factor)
・1人のプレイヤーキャラクター ― プレイヤーは1人のキャラクターのみを操作し、そのキャラクターの死をもってゲームオーバーとなる。
・プレイヤーに似たモンスター ― プレイヤーとモンスターに同じルールを適用する。モンスターもアイテムや装備を持ち、魔法を使う。
・戦術的な挑戦 ― ゲームの難易度が高く、何度もプレイすることで戦術を学び、プレイヤー自身が成長していく。
・ASCII表示 ― ASCII文字によるタイル表示。
・ダンジョン ― 部屋と通路で構成されたダンジョンを含む。
・数値 ― ヒットポイント等の数値が明示されている。

以上に挙げた要素のうち、複数の要素を持つものが
ローグライクゲームに当てはまる…という訳です。
『トルネコの大冒険』や、『風来のシレン』などを遊んだことがあれば、
多くの要素が上記に当てはまっていることに気づかれることかと思います。


さて、ここからはポーカーのお話。
一般的に、トーナメント形式のポーカーは以下のような形式となります。
・すべてのプレイヤーが一定量のチップを持って、決まった時間に開始する。
・毎回手札はランダムで配られ、場のカードもランダムで開かれる。
・行動順も毎回時計回りで変化する。
・一定時間が経過すると最低ベット額が上昇し、
  必然的に賭けるチップの額も上がっていく。
・チップが0になるとゲームに敗退し、復帰することは出来ない。
・上位のプレイヤーには報酬が与えられる。
  (報酬人数や内容はトーナメントによって異なる)


以上の要素を、先ほどのローグライクのベルリン定義に当てはめてみますと…
・ランダムな環境生成
まさしく「手札が毎回ランダムで配られる」、
そして「場の札がランダムで開かれる」のがそうでしょう。
それ以外にも他の参加プレイヤーのプレイスタイルや、
席順などもランダムな環境生成の一部と言ってよいかと思います。

・ 恒久的な死
チップ0になるとゲーム敗退、まさしく恒久的な死です。
一定時間内は参加料を支払うと再参加できる、というトーナメントも多いですが、
その場合も初期チップ量からリセットして参加することが多く、
引継ぎ要素というものは基本的にありません。

・ターン制
ポーカーはまさしくターン制です。
リアルタイム要素は一切なく、
またターンの行動順が非常に重要になるゲームでもあります。

・グリッドベース
・ノンモーダル
この辺りはコンピューター的な要素なので、
ポーカーには当てはまりません…が、
基本的にプレイヤーの行動はテーブル上で完結することを考えると、
画面遷移のない、ノンモーダル的なゲームと言えるかもしれません。

・複雑さ
「覚えるのは10分、極めるには一生」
というテキサスホールデムの格言がありますが、
この格言通り、手札と場札の組み合わせ、
プレイヤーのスタイル、様々な戦略など、
まさに一生をかけても極めることは難しい、
非常に複雑なゲームとなっています。
「ルールは簡単そうだが複雑だぜ!」

・リソース管理
ポーカーの「チップ」がまさにリソースでして、
RPGで言うならHPに相当、
そして他のプレイヤーへの攻撃が
すべて「HP消費攻撃」、
他のプレイヤーに勝てばHPが回復する…という、
単一リソース管理の塊ともいえるのがポーカーです。

・ハックアンドスラッシュ
さすがにハクスラ要素はポーカーには無いですね。

・探索と発見
マップ探索もやはりポーカーにはありません。

・1人のプレイヤーキャラクター
トーナメントポーカーはまさしく、
1人のプレイヤーキャラクターとして参加するゲームです。

・プレイヤーに似たモンスター
テーブルの上で敵対するモンスター(他のプレイヤー)も、
開始条件や取れる行動はすべて自分と同じです。
同じ条件の上で、他のモンスター(相手プレイヤー)を倒すべく
現在の置かれた状況を考慮して戦うことになります。

・戦術的な挑戦
ローグライクゲームでは何度もチャレンジし、
ゲーム上で有効な戦術・戦略をプレイヤーが学ぶことで
より深いレベルへと到達できるのが魅力の一つですが、
まさしくそれはポーカーに当てはまるのです。
ネット上を探してみてもポーカーの戦術は溢れており、
そしてそのトレンドは日々変化します。
これが一番「ポーカー=ローグライク」と感じさせる要素だと
個人的には思っております。

・ASCII表示
さすがに「@」が自キャラクターのポーカーゲームや、
リアルなポーカールームなんて存在しない…と思う(笑)

・ダンジョン
ポーカーにダンジョンなんてあるわけないですね。
あったら行ってみたいですが(笑)

・数値
リアルポーカーでは各プレイヤーの目の前に持っているチップが
積まれるだけで、厳密なチップ量は確認できませんが
(但し、オールイン時などにディーラーに厳密なチップ量の
カウント確認をお願いすることはできる)、
大抵のポーカーゲームだとすべてのプレイヤーのチップ量が
常時表示されます。
また、チップ量だけでなくプレイヤーのゲーム参加率などを
表示してくれる機能の付いたゲームも多いです。


以上を踏まえると、ポーカートーナメントは
ローグライク・ベルリン解釈のうち、
多くの要素を満たしていることがわかります。

故に、筆者は「ポーカー=ローグライク」と強く主張したいのです。



また、多くのローグライクゲームは1人プレイ専用ですが、
ポーカーは多人数対人戦という、
他のローグライクとは全く違った楽しみ方を提供しています。


この記事を読んでポーカーに興味を持たれた方、
もしくはメカジキを信奉する熱心な「@」の皆様、
是非とも一度、テキサスホールデム・ポーカーを
体験してほしいのです。
きっと、ローグライクに通じる楽しさを発見できるかと思います。


ゲームセンターで気軽にポーカーのオンライン対戦ができる
『ポーカースタジアム』なら、上記サイトで設定店舗の検索ができますし
(ただ、置いてない県も多いんですよね…増台を熱望!)


スマートフォン向けアプリだと、セガサミーが展開している
『エムホールデム』もあります。
(以前に自blogでこちらの紹介記事も書いてます)


何はともあれ、もっとポーカー人口が増えて、
もっと強いポーカープレイヤーが増えてほしい。
そして、もっともっと強いプレイヤーとポーカーを楽しみたい。
それが筆者の純粋な願いです。


筆者の最終目標としては、『ウィザードリィ』の原作者の1人である
アンドリュー・グリーンバーグ氏とポーカーテーブルを囲みたいのです。
氏は弁護士・プログラマーとして以外にも、ポーカーでも実績を残しておられるので…


jzunkodj4y at 23:59|PermalinkComments(0)clip!

July 04, 2021

明日使えるかもしれない『エムホールデム』まめちしき

2021年7月1日、セガサミーから1本の
スマホ向けアプリがリリースされました。


『m HOLD'EM』。
近年盛り上がりを見せている、「テキサスホールデム」ポーカーを
題材にしたアプリになります。

エムホールデム_2021-06-13-18-03-02

テキサスホールデムは手札を2枚使用し、
場札の5枚と組み合わせて役を競うポーカー。
世界中で遊ばれているだけあって、非常に面白いゲームなのです。
このゲームをスマホ向けの操作体系に上手く落とし込んでおり、
かつ吉崎観音氏や原哲夫氏などがデザインした、
セガサミーという企業を有効活用したキャラクターも本作の魅力。
でもケンシロウとラオウを足して2で割ったようなキャラクターはどうかと思う

そんなゲームを筆者は先行体験版の頃から遊んでいたのですが、
そのうちこれを知っておくと多少有利になれるかも、といった
豆知識を本記事で紹介したいと思います。


・キャラクターのアイコンを押すと、そのプレイヤーのVPIPが見られる
突然「VPIP」という単語を出しましたが、
これは「プリフロップでコール・レイズして自発的にチップをポットに入れた割合」
(Voluntarily Put Chips In Pot) を指します。

各プレイヤーのアイコンをタッチすると
そのプレイヤーのプロフィールが閲覧できまして、
プレイヤーのプレイハンド数・VPIP・勝利率もそこに表示されています。

エムホールデム_2021-07-04-22-15-16


自分のVPIPはトップ画面の右上のメニューから「マイデータ」を
選ぶことで見ることが出来ます。

この「VPIP」がいったい何の役に立つの…?
そう思われる方も多いかもしれません。
が、筆者は断言します。

このVPIPこそ、エムホールデムで戦う上で一番重要な情報です!

テキサスホールデムでは手札の2枚と場札の5枚を組み合わせるという関係上、
どんな手札でも勝つ可能性はあるのですが、
それでも初手の2枚の組み合わせには、強さの順位というものがあります。
(最強はAA、次点でKK、それに次いでQQ、AK…など。
最弱は7と2のスート違いとされる)

先述した通りVPIPとは「初手で参加した割合」でして、
この割合は「プレイヤーが持っている手札の強さ」と密接な関連性があります。

例えば「VPIP50%のプレイヤー」がゲームに参加してきたら、
「このプレイヤーに対して優位に立つには上位50%以上の手が必要、
 だからコール(またはフォールド)しよう」
「こっちは上位10%の手を持っているからレイズして手を吊り上げよう」
といったような判断ができまして、
他のプレイヤーのVPIPは自分の行動の選択基準として非常に重要なのです。

エムホールデム_2021-07-04-22-15-58

なお『エムホールデム』ゲーム内のVPIPの説明は上記の通りで、
「適正値は約20%前後」と書かれていますが、
これは「現実のカジノで行うポーカーの9・10人卓」の話で、
オンラインの対戦ポーカーゲームや、
参加人数の少ないランクマッチのブロンズ・シルバー帯では
適正値はもっと高い傾向にあります。

これは筆者の主観になりますが、
6人卓ではVPIPは25%〜40%程度が適正だと思っています。
これより少なければ参加しなさすぎ、
多ければ無駄に参加し過ぎだ…と筆者は思います。

VPIPが極端に高くても非常に高い勝率をたたき出すプレイヤーや、
実際に活躍しているポーカープロがいることは事実ですが、
そういうスタイルを身に着けるのは非常に難しいので、
まずは手を絞って、相手の行動をよく見てから、
ここぞという時には積極的に勝負する、
いわゆる「タイトアグレッシブ」のスタイルを
他のプレイヤーのVPIPや自分のVPIPを確認しながら
少しずつ覚えることを筆者はおススメします。


・自分のチップ量をタッチするとBB換算表示ができる
エムホールデム_2021-07-10-13-36-44

自分の顔アイコンをタッチすると他のプレイヤー同様、
自分のVPIPや勝率も確認できるわけですが、
その下のチップ量をタッチすると、
全員のチップの所持量が「現在のビッグブラインドの何倍か」で表示されます。

この機能が特に役立つであろう機会は、例えば毎日のトーナメントで、
どのプレイヤーがプリフロップでのオールインorフォールド戦略を
取らざるを得ないようなチップ量なのか…を把握するのに役立ちます。
(一般的には、トーナメントポーカーでは10BB以下なら
プリフロップでのオールインorフォールドのみしか選択肢がないとされています)
他にもBB量に応じた戦略なども様々なポーカー書籍で紹介されてますので、
興味のある方は深掘りしてみるのも面白いでしょう。


・「チェック可能時のフォールド確認」はOFFにするな
エムホールデム_2021-07-04-22-13-40

『エムホールデム』にはいくつかのゲーム内オプションがあり、
カットイン表示をOFFにすると余計な演出をカットして快適…なのですが、
その下にある「チェック可能時のフォールド確認」のOFFは罠です。

タイトなスタイルでプレイしていると、
「チェックorフォールド」のボタンをよく使うことになるのですが、
自分の手番が来た時にこのボタンは「フォールド」ボタンに変わります。
そのせいで、ちょっとよそ見していて気づいたら自分の番、
チェックorフォールドにしとこう、と思ったらフォールドしていた…
という事故が結構起こるのです(経験者は語る)。

チェック可能な場面でフォールドすることにメリットは全くないため、
このチェックはOFFにしない方がいいです。

なお、VIP課金の専用オプションとして広告カットがあるのですが、
VIP課金してもこれをONにしないと広告が削除されない点は要注意。
(ナンデこの項目オプション!?VIP課金したら常時削除でいいんじゃねえの!?)


・公式サイトのトピックスがムチャクチャ参考になる

ゲームの公式サイトからはわかりにくい場所にあるのですが、
公式サイト内のトピックス内に初心者〜中級者向けの良い記事があります。


一ノ瀬公聖プロ(日本を代表するプロポーカープレイヤーの1人)による、
ポジションとスタックサイズの解説はまさに脱・初心者のための内容ですし、


麻雀兼ポーカープレイヤーの堀内プロへのインタビュー記事は、
初心者向けとは言い難いですが、
対人ゲームの競技プレイヤーの心構えを知る上で面白い記事です。

ゲームの公式サイト内にあるとは思えないほど充実したコンテンツなので、
是非とも一度は閲覧することをおススメしたいです。


…とまあここまで、
エムホールデムについて偉そうに語ってみましたが、
筆者は未だに7/10現在プロフェッショナルランクには到達していません(笑)
※7/15追記:プロフェッショナルランク到達しました。1200人目くらい。


とは言え、基本無料で遊べて毎日Sit&Goトーナメントも可能、
ポーカープレイ自体には課金要素は一切影響しない…と、
ポーカーゲームとして敷居が低く、操作性も悪くないため、
流行の兆しを見せつつあるテキサスホールデム・ポーカーを覚えたい、
腕前を上げたい…という人にとっては、おススメできるゲームです。





※2021/7/10追記:
自分のチップ量をタッチすると、
BB換算の確認ができることについて追記しました。

jzunkodj4y at 23:40|PermalinkComments(0)clip!

January 24, 2021

ポーカースタジアムでS50を獲ったら異世界でポーカー無双できました。『Poker Pretty Girls Battle : Fantasy World Edition』

こんな記事タイトルをつけておきながら、
最近ポーカースタジアムはプレイしていないんですけど
(主に緊急事態宣言の問題で)、
それはともかく、先週Steamに1本のポーカーゲームが登場してました。



20210124230732_1

『Poker Pretty Girls Battle : Fantasy World Edition』
ゲームメーカー・Zooが展開している
同社のエロゲーブランド・Miel/Nornのキャラクターを使用した
テーブルゲームシリーズ『Pretty Girls Battle』の最新作です。
当blogではたびたび取り上げているので、すっかりお馴染み。

関連記事:
Steamで遊べる(日本式)麻雀ゲームガイド 2020年1月版
何でも萌えミリタリーに結び付ければ良いかもしれない『りっく☆じあ〜す』のSteamゲーム


20210122191648_1

そんなシリーズの今回の題材は、「ポーカー」。
しかもいわゆるビデオポーカーではなく、
「テキサス・ホールデム」のポーカーでございます。

20210123232137_1

"Fantasy World Edition"と名付けてあるだけあって、
対戦相手は女王に魔法使いにエルフに魔族と、
ファンタジー系のヒロインばかり。
しかも全員巨乳で、貧乳キャラクターがいません、
抜きゲーみたいな異世界では貧乳の心配をしなくてもよいのですね!

20210122202945_1

「謙信」だとか「信玄」なんかもいるけれども、
戦国日本モノのフィクションはだいたいファンタジーだし、
このゲームでは女体化してるし気にするな!

20210122192842_1

何はともあれ、そんな彼女たちを対戦相手に選び、
テキサスホールデムポーカーで勝ち抜いていくことになります。

20210122205726_1

彼女たちに勝利するとイラストパーツが手に入り、
イラストを完成させると次のステージに進める構成。
ヒロインは全16人と、結構な人数がいます。


…とまあ、ここまでゲームの概要を説明しましたが、
このゲームにはベースになったゲームがあります。

そのゲームは、5年前に配信された
『Poker Pretty Girls Battle: Texas Hold'em』

実は、そちらも当blogで過去に紹介しています。
何の参考にもならない異次元ポーカー。『Poker Pretty Girls Battle』

美少女+ポーカーというコンセプトは同一なのですが、
5年前の方のゲームは「テキサスホールデムのルール自体が間違っている」、
「バグがとんでもなく多い」、「CPUの挙動がデタラメ」など
ただただ「ひどい」としか言いようがないゲームで、
筆者は当blogでもSteamレビューでも酷評しました。


それもあって筆者は今回の配信を知って、
「何故今更あんなひどいゲームを復活させたの!?」
という思いを感じざるを得なかったのですが。

20210122194537_1

実際に本作を遊んでみたところ、
曲がりなりにもテキサスホールデムのルールはきちんと再現、
前作で見られたような役判定やチップ消失などのバグは完全に解消、
CPUの挙動もデタラメではなくなっている…と、
前作のゲーム以前の問題と言えるような問題点はしっかり解決されてました。

あと、対戦相手に男(どう見てもエロゲーの竿役)が混じらなくなり、
女の子度が高まったのも個人的に進化と感じたポイント。


20210122195628_1

ただ、CPUの挙動がデタラメではなくなった…とは言え、
CPU自体はムチャクチャ弱いと言わざるを得ないです。

プリフロップではほぼ確実にコールして降りることがないですし、
フロップ以降もかなりの確率でコールを行い、
ある程度の役の強さがあればほぼ確実にレイズしてくる、
しかしなぜか常にミニマムレイズ…という、
初心者丸出しのプレイングをしてきます。

ただ、このCPUの弱さはテキサスホールデムの未経験者にとっては
おそらくメリットとなる部分でして、
初心者から初級者へのステップアップを目指す…
専門用語でいうと「タイトアグレッシブ」のプレイスタイルを
身に着けるための反面教師として、
本作のCPUはこれ以上ない教材だと思います。


20210124003941_1

本作の登場キャラクターは16人と数は多いものの、
彼女たちにについて個別シナリオとかえっちなイラストとか、
そういったギャルゲー要素は一切ありません。
先述の勝利して得られるイラストパーツについても、
単純に立ち絵を並べただけでご褒美としての印象は薄め。

一応、各ヒロインごとにコール・レイズ・フォールドの
行動を決める基準は個別に設定されているようですが、
それでもCPUの強さとしては、
全体的にそんなに差がない(弱い)のでは…というのが、
ポーカースタジアムS50ランクとしての筆者の感想。

細かいポーカーの部分を挙げると、
ブラインドの上昇がないのでひたすら手を待つ展開となりがちで、
特にヘッズアップ(1対1)になってからだるい印象が拭えないとか、
連勝が必要な後半ステージが作業感が強いとか感じてみたり。


20210124160419_1

とは言え、テキサスホールデム・ポーカーの初心者が、
「脱初心者」を目指すための生きた教材としては、
本作は十分に価値があるのではないか
…と筆者は思います。

ライトノベル『ぽけっと・えーす!』や、
アーケードゲーム『ポーカースタジアム』でポーカーに興味を持たれた方なら、
優れた入門書(パンローリング社の『ポーカー入門』、
『フィル・ゴードンのポーカー攻略法 入門編』、
『エド・ミラーのポーカースクール』あたり)とセットで、
ポーカーの基本を覚えるのにちょうどよいと思いますよ。
(本作はポーカーのルールについては一応説明はあるものの、
ほとんど説明になってないので入門書は別途入手した方がよいです)

jzunkodj4y at 23:30|PermalinkComments(0)clip!

October 04, 2020

『ポーカースタジアム』All-in Preflop〜このオールインに、俺の全てを賭ける

待たせたな!

202009_11

9月はアーケードゲーム『ポーカースタジアム』に全力投球しておりまして、
同月度のバトルロイヤルで11位入賞、
全国規模のポーカートーナメントであるJOPTへのチケットを入手した筆者です。

それもあってメンタル(と無数の100円玉)を酷使しまくったせいか、
すっかりblogの更新を先延ばしにしていた筆者ですが、
およそ1か月ぶりにblog更新します…が、
内容は相変わらず需要があるかないかよくわからない、
ポーカースタジアムの初心者講座です(笑)


第1回:明日始めてすぐに使える『ポーカースタジアム』初心者講座
第2回:明日『ポーカースタジアム』で使えるプレイスタイル知識をあなたに
第3回:『ポーカースタジアム』プレイデータの美味しい見方、そして読み取り方とその効果。
番外編:『ポーカースタジアム』を10倍楽しむためのWebサイトや書籍の紹介


ミュージック・スタート!

今回はノーリミットテキサスホールデム・ポーカーの切り札とも言える、
「オールイン」について。

改めて、オールインとは何かを説明しますと…
今回、韓国ドラマはあまり関係ない

・プレイヤーは自分の行動順でいつでも「オールイン」を宣言できる。
・オールイン宣言は手持ちのチップをすべて賭けたものとして扱う。
・オールインを宣言したらショーダウンまで行動できない。
・ショーダウンで勝てば自分の賭けたチップに対応する勝ちチップを受け取れる。
 負ければ敗退。

要は文字通り、「このターンに、俺の全てを賭ける」行為です。

とは言え、特にこう行ったことを意識せず、
気付いたら漠然とオールインになっていた…という
ポーカースタジアムプレイヤーの方は意外と多いのではないかと。

そこで今回は、このオールインをプリフロップ(第1ラウンド)で、
有効活用するにはどうしたらいいか…を、
筆者の知りうる範囲で解説してみようかと思います。
「第1ラウンドでいきなりオールイン?」と思われる方もいるかもですが、
特にバトルロイヤルルールでは重要になる知識だったりします。

なお、第2ラウンド以降で打つオールインに関しては、
また別に機会を改めてという事で。
(単純に書くのが難しいんですもん)


まずは、「第1ラウンドのどういう状況でオールインすべきか?」について。
どんな状況でもオールインすればいい…という話は当然なくて、
オールインするのに適した状況というものが存在します。

まずは、所持しているチップ量。
手持ちチップがビッグブラインド(BB)のおよそ10倍〜15倍のときが、
第1ラウンドでオールインを入れるのに一番適したチップ量になります。
通常モードで言えば、およそチップ2000〜3000あたり。
この辺りのチップ量が、他のプレイヤーの中途半端なレイズを咎め、
安易なコールをさせずにチップを奪い取るのに適しているのです。

たまに通常モードで初期チップ6000からいきなりオールインを入れたり、
またバトルロイヤルLv1からチップ10000のオールインを入れたりするプレイヤーを見ますが、
正直に言って、これらの行動はあまり有効な行動とは言えません。
これらのオールインは大抵プレイヤーにコールされずに終わり、
それで得られるチップは前者なら900、後者はたったの300。
もちろんAAやKKといったプレミアハンドとぶつかる危険性もありますし、
はっきり言って自分の全チップを危険にさらしてまでやる事ではないと思います。

次は、オールインを打つのに適したハンド。
あくまで個人の基準、と断ったうえで、
第1ラウンドでオールインを打つのに適した手を上げてみますと…

・(残り参加人数)以上のペアハンド。
例:残り3人なら33、残り4人なら44以上

・1枚がA、もう1枚が(残り参加人数)以上。
 (同一スートなら(残り参加人数-1)以上)
例:残り3人ならA3(スート違い)、A2(同一スート)以上

・1枚がK、もう1枚が(残り参加人数×2+1)以上。
 (同一スートなら(残り参加人数×2)以上)
例:残り2人ならK5、3人ならK7以上

・1枚がQ、もう1枚が(残り参加人数×3)以上。
例:残り2人ならQ6、3人ならQ9以上

この辺りは「だいたい確率論的に他のプレイヤーに勝ってる可能性が高い」ハンドで、
もしコールされても確率的に有利、という状況を作り出せる可能性が高いのです。
他のプレイヤーの参加率がタイトであったり、
あるいはチップ量がBBの10倍未満の場合は、
もっとこれより広いハンドをオールインしてもかまいません。

むしろ、チップ量が少ない(BBの10倍以下の)状態では、
第1ラウンドでの選択肢はオールインとフォールドしかない

と言い換えた方がいいかもしれません。

バトルロイヤルの中盤以降でブラインドが上がってくると、
ほとんどチップ量がないにもかかわらず、
第1ラウンドでコールで参加する方もよく見ますが、
これは本来下ろせていたかもしれないのBBポジションのプレイヤーを
ノーコストでゲームに参加させてしまい、
他のプレイヤーの参加が増える=事故率が高まるだけなので、
この記事を見る必要がある方はやらない方が身のためです(笑)

また、チップ量がBBが3〜4倍、もしくはそれ未満のケース
(通常モードでは600〜800以下)の場合、
確率論的にはどんな手であってもオールインした方が生き残る可能性が高まる

という事は覚えておいて損はないかと思います。

当然、ここまで書いてきたことは、
自分だけでなく他のプレイヤーにも当てはまる事でして、
チップ量がビッグブラインドの10倍以下のプレイヤーは、
常に第1ラウンドでオールインを入れてくる可能性がある

という認識を持ってプレイする必要があります。

中途半端な手でレイズを入れて、後ろにいるショートスタックに
オールインを返されると困った状況になるでしょうし、
自分より後ろにいるプレイヤーの、一番少ないチップ数を把握しておくことは
特にトーナメントモードにおいては重要です。


こういった小チップ量にプレイヤーに対する有効な手段が
第1ラウンドにおける先打ちオールインで、
例えば残り3人で自分がボタンの位置、
残り2人は共にチップがビッグブラインドの10倍程度の場合、
自分のチップ量に関わらずオールインを入れると、
残り2人に敗退の危険性を承知でコールするか、
それともフォールドするかの難しい2択を押し付ける事が出来ます。

ポーカーに限らず、あらゆる対人ゲームのセオリーとして、
「最後の選択は相手にさせよ」
という格言がありますが、
ポーカーにおけるオールインは常に選択を相手に押し付ける事ができる、
究極の読みあい拒否の手段
だ…と言っても過言ではないと筆者は思います。

オールインのタイミングとメリットを理解して
楽しいポーカースタジアムをしよう!


次回以降のポーカースタジアム講座開設予定(予定は未定):
ぼくのわたしのハンドレンジ学
ポーカースタジアム・悪魔の辞典(独断と偏見のポーカー用語集)


また、会おうぜ!(オールインで敗退して去る音)

jzunkodj4y at 23:59|PermalinkComments(0)clip!

August 03, 2020

Steamで見かけたかわいい女の子と遊ぶポーカーゲームを2作紹介

コロナ禍が蔓延して再び外出自粛気味で、
ゲームセンターにもポーカースポットにも
足を運ぶのがちょっと億劫…な、
そんな気持ちに陥っている筆者です。

そんな中でも、Steamのゲームは遊べるという訳で、
久しぶりにポーカーの新作がないか…と思い、
ディグってみたらかわいい女の子がいるポーカーゲームを
なんと2作も見つけてしまったので、紹介してみます。


●Tiny Poker


イメージ1266

まずは日本発の2次元ポーカーゲーム、
Tiny Poker』から。
なんとかをコロコロするとか秋葉原の某有名ポーカー店とか、
そういったものを連想する服装のかわいい女の子が目を引きます。

イメージ1272

ストーリーモードでは自分を「ポーカーの妖精」と自称する、
ちょっと不思議ちゃん入った彼女との会話を楽しみながら、
ポーカー役を完成させていくミッションをこなしていくことになります。

イメージ1275

ポーカー自体はシンプルなビデオポーカー。
ジョーカーもダブルアップもない、
ついでにジャックスオアベター(J以上のワンペア)も役として採用していない、
ものすごくシンプルなビデオポーカーになっています。
ただ、右上のディーラーさんが、
上がった役に応じていろんなビックリリアクションを返してくれます(笑)
ストーリーモード以外にも、ポーカー部分だけをプレイするモードもあり。

…ただこのゲームのストーリーモード、
「コンティニュー」がありません。
ミッションを1つでも落とすと、再びストーリーの最初からです。

皆様ご存知の通り、ポーカーは運の絡むゲームですので、
必然的にミッションを達成できるかどうかも「運」の比重が高くなります。
にもかかわらず、本作は複数のミッションを攻略していく必要があるため、
凄まじい強運の持ち主でなければクリアできない仕様。

とは言え、かわいい2D女の子を眺めながら、
ひたすらビデオポーカーを遊びたい、という
ニッチな需要には答えられるかもしれない本作。
作者様のホームページにはデモ版も置いてあるので、
興味のある方は触ってみても良いかと。

ファミ通クロスレビューを思い起こさせる画風とか言っちゃダメだ




●Sex Poker

(注:本ゲーム、およびこの先の記述は性的表現を含みます!)



ポーカー!ポーカー!ポーカー!
みんなポーカーし続けろ!激しく!もっと激しく!
いずれは世界中のゲーマーたちをも参加させてやる!
ただすれ違っただけの見ず知らずの奴ら同士を、いきなりポーカーさせてやる!
そして永遠に続けさせてやる!ポーカーを!

20200716210146_1

いきなりカミーユ最終回なコピペはともかく、
凄まじくド直球なタイトルなゲームです。

20200716211915_1

こちらは3Dの女性ディーラーさん相手にポーカーをし、
資金を稼いでディーラーさんのダンスを観たり、
自室に誘って[自主規制]したり…というゲームになります。

20200803001131_1

そして本作では、ディーラーさん自体をカスタマイズ可能。
服装のパターンをカスタマイズしたり、
髪型や眼の形・色もいろいろと変更できます。

20200803001045_1

もちろんおっぱいスライダーや尻スライダーも実装。
また珍しいカスタマイズ項目として「エルフ耳」があって、
ディードリット並みに長いエルフ耳にもできます。

20200716215935_1

ポーカー自体はごく普通のビデオポーカー
(ジャックスオアベターあり)。

海外発のゲームなので顔や体形が洋物系となっており、
日本の3Dエロゲーとはどうしても違った感じになってはしまいますが、
自分でカスタマイズした女の子相手にポーカーを遊んで、
お持ち帰りまでする…というのは何とも言えない絶妙な感覚があるので、
ポーカー好きで洋物ポルノが好きな方なら、一見の価値はあるかと。
マティーニ・ロングアイランド・シャンパンとか、
テキーラをブンブン注ぎながら遊ぶのがおススメ。


ブラックジャックテーブル

このゲームの一番のツッコミどころは、
ブラックジャックテーブルでポーカーを遊んでいる事だよ!w

jzunkodj4y at 00:21|PermalinkComments(0)clip!