April 14, 2024

2024年3月〜4月にかけてのダンジョンRPGの話題

お天気さん、いきなり急激に暑くなるのやめてくれません?

何はともあれ、2024年3月から4月にかけて、
筆者が気になった3DダンジョンRPGを列挙していきます。


まずは3月25日にリリースされた『Monsters of Mican』
本作は「グリッドベース(方眼紙によるマッピングが可能)なDRPG」ではありません。
3D空間を歩いて探索する、『ウィザードリィ8』ライクな
ダンジョンクロウル+トレジャーハンティング系RPGです。

過去に起こった異変により様々な生物が交じり合った世界ということで、
奇妙奇天烈なモンスターが登場し、
実際に難易度もかなり高いのですが、
1体ずつ勝てるモンスターを選んで戦うのがレトロRPGの嗜み。
じっくり楽しめる『Wiz8』ライクゲームを遊びたい……
という方にはうってつけのゲームかと思います。



続いては、3月27日早期アクセス開始の『ソウルウィザーズ&ローグライト』
自動生成のダンジョンを潜ってキャラクターを育成する、
RPGツクール製によるDRPGです。
アイテムをもって挑めるダンジョンと、
何も持たない状態から挑むローグ色の濃いダンジョンがあるようで、
それなりに遊び応えはあるようです。
やたら胸部装甲の大きなAI絵のNPCも気になりますが
価格も安いし、気になった方は手に取ってみては。



3月30日に登場した肉塊系DRPG『Savoring Sword』については、
当blogの過去記事を参考にしてくださいな。





4月4日には、新たな色欲系DRPGが登場してました。
その名も『Dungeon Vixens: A Tale of Temptation』

20240414202844_1

モンスター娘系ダンジョンで、
プレイヤーは剣と盾を持ってセミリアルタイムバトルに挑みます。
(マウスクリックでゲージ中央で剣を止め、
敵の攻撃に対してはマウスクリックでマーカーを左右に切り替えつつ
中央で止めることを目指す)
もちろん勝ったら「やべーぞ○○○だ!!」(伏字)です。
こちらは製作者の手書きイラストが素朴ではありますが、
どこぞの肉塊系に比べて随分まともなので安心してお遊び頂けます(何がだ)。
難易度もそこそこで、良い塩梅かと思います。



そして、4月26日には
『剣と魔法と学園モノ。』1と2のリマスター版が出ます。


微妙にセクシャル(特殊性癖含め)なの多くない……?
と感じた2024年春のDRPGですが、
それはともかく、今は筆者は『ととモノ。』を心待ちにしています。
どのあたりがパワーアップしているのか楽しみです。



jzunkodj4y at 21:00│Comments(0)clip!3DダンジョンRPG感想 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔