April 30, 2021

2021年Steamゴールデンウイークセールで割引中のDRPGのまとめ

出歩くことも難しいこのご時世ですが、
Steamのゴールデンウィークセールが始まっています。

ゴールデンウイークはたまたまこの期間に
祝日が集まってる日本だけの習慣なので、
Steamがセール期間として採用したことに個人的に驚いてはいますが、
何はともあれ、例によっていくつかDRPGがセール対象となっています。

今回のセール対象は日本発のゲームがほとんどで、
いつものセールに比べると数は少ないのですが、
その分英語が苦手でも遊べる作品が多いのです。

それでは、以下に列挙していきます。
※セール対象となっている作品のみを掲載しています。


・Steam配信作品:日本語あり

Wizardry 囚われし魂の迷宮 -35%(¥988)
ウィザードリィルネサンスの1作としてPS3で配信されたゲームのPC移植版。
シンプルなダンジョン探索とアイテム狩りが楽しい。
ウィザードリィを冠するゲームの中では遊びやすい作品の1つ。

東京新世録オペレーションアビス -80%(¥403)
エクスペリエンスの処女作『GenerationXTH』のリメイク。
独自のプレイ感覚があるエクスペリエンス作品の入門編として良し。

東京新世録オペレーションバベル -75%(¥503)
オペレーションアビスの続編。筆者おススメ。
マルチクラスによるキャラクタービルドとアイテムハントがとにかく楽しい。

ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団 -40%(¥2,400)
「壁壊し」やprefix,suffixの付く自動生成アイテム、
そして見た目によらずダークな世界観が展開する日本一ソフトウェアの意欲作。

レイギガント -70%(¥456)
エクスペリエンスの変化球。
ライトノベルとDRPGの融合という新しい形。

限界凸記 モエロクロニクル -35%(¥656)
モンスター娘のいるダンジョン生活をゆるく楽しもう。
非公式ヌードパッチあり。

マインドゼロ -80%(¥396)
ご愁傷さっまー!(主題歌)
荒いグラフィックや伝説的な打ち切りエンドを気にしなければそれなりに遊べるかも。
いわゆる「おま語」だったのだが、つい最近になって日本語表示が追加された。

ザンキゼロ -80%(¥1,258)
人類最後の生き残りサバイバルリアルタイムDRPG。
『ダンガンロンパ』を手掛けたスタッフによるストーリーが最大の魅力。

蒼き翼のシュバリエ + 新釈・剣の街の異邦人 -20%(¥3,344)
エクスペリエンスのファンタジーDRPGの原点となる『円卓の生徒』のリメイク作と、
伝統的なダンジョンクロウルの傑作『新釈・剣の街の異邦人』をカップリング。
配信開始時は日本語環境でバグが多発し遊ぶのが困難な状況だったが、
現在は大半のバグは修正済み。筆者おススメ。

リリパレス -50%(¥760)
DLSiteで配信されているエロRPGのSteam版。
姉妹作のLilitalesのSteam版は日本語未搭載だが、こちらには日本語が入っている。

Lord of the Seal -50% (¥399)
覚える要素の多い戦闘と成長…と、
日本の同人RPGらしさを十二分に含むゲーム。


・Steam配信作品:日本語音声のみあり(字幕英語)

Lilitales -40%(¥1,254)
DLSiteで人気を博した同人エロDRPGがSteam進出。
但しSteam版は日本語字幕が抜かれている(音声はある)。


・Steam配信作品:その他、英語作品

エルミナージュOriginal(日本語なし) -30%(¥720)
「スターフィッシュの奇跡」と呼ばれたエルミナージュシリーズの第1作。
日本語がないが、攻略wikiを参考にすれば遊ぶには十分。
どうしても日本語版でないと…というのであれば、DMMでも配信中(セール中で¥1,518)

Bacon Quest Special Edition -25%(¥75)
あちらの方々がお作りになられたエロRPG。
登場人物がキマってるとしか思えない、いろんな意味でやべーやつ。

Das Geisterschiff -60%(¥404)
ワイヤーフレームで描かれた「幽霊船」を探索するダンジョンアドベンチャー。
怪しい日本語とワイヤーフレームによるSF感が出ている。

Heroes of a Broken Land -75%(¥370)
拠点制圧SLG+DRPG。筆者一押し。
遊ぶたびに世界は生成されるので何度でも楽しめる一作。

Realms of Arkania1〜3バンドルセット -60%(¥392)
ドイツ製TRPG『The Dark Eye』をベースにしたコンピュータRPGの復刻版。
北米ではsir-tech社が販売を手掛けていたシリーズでもある。



以上、季節ごとのセールや年末・旧正月セールに比べると
かなりラインナップが渋いことは否めません。
しかしながらSteamで配信されたばかりの
『蒼き翼のシュバリエ+新釈・剣の街の異邦人』が、
早くもセール対象になってるのは注目すべきポイントかと。

DRPG以外にも『風来のシレン5plus』や『ロマンシングサガ3』、
ファイナルファンタジー12』など、
様々な日本製ゲームの傑作がセール対象となっておりまして、
こういった作品群にも注目してみるのも一興かと。

Steamゴールデンウイークセールは5/6まで。
この記事がGWを楽しむ一助になれば幸いです。


この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔